2011年11月25日

着る毛布はすばらしい

もう冬ですね。

長袖を箪笥を眺めて探しますが、なんだか数が少なく
去年何着てたっけ??と思い出せども全然思い出せない日々です。

最近はやりの着る毛布、あれさいこーっすね。さいこー。

皆も絶対買って家ですごい格好して歩きまわりましょう。
冬は、格好よりあったかさ重視です。

images.jpg
posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

every cloud has a silver lining

もう10月ですね。

スティーブジョブズさんの訃報知りました。すい臓がんだったのですよね。

すい臓がんは増えているらしいです。

沈黙の臓器といわれるくらいに、発見された時は進行していた、というのが多いそうです。

発見された時は、どうして気付かなかったんだ、となるけど

早期発見はなかなか難しいのかもしれません。

自分は大丈夫、は絶対にないですよね。だからやっぱり予防や検査が大切なんですよね。


ソフィアのキーボードの人が、末期がんから生還したとニュースでやってました。

ボーカルの松岡さんが、彼に生きる力を持ってもらいたいと思って治療で闘っている彼に、「曲をかいてほしい」と頼んだそうです。

彼はそれに答えるために、「こんなところでくたばっている場合じゃない」って曲を作ることに専念し、癌が治療とともに消えてなくなったそうで、見事病気に打ち勝ったそうです。

気持ちって体への影響が多大にあるなあと思います。

癌は若年性が増えているそうで、ソフィアのボーカルの方は39歳でした。若い。

彼らも、癌の定期検診を訴えていました。

癌は日本で3人に1人はかかる病気だそうです。

普段何気なく過ごしていると、自分の体の事なんで考えないけど

自分の体は、自分の好き勝手な生活に文句も言わずに付き合ってくれているのだから

大切にしないとかわいそうだなって思いました。


何かしんどい事があると、どうして自分だけ?って思いがちだけど

あらゆる事で、毎日皆がそれぞれ闘っているんだなっていまさら思います。

それぞれ闘っているんだ、だから自分も頑張ろう、って思える事は幸せな事かなと思います。

みなさま今日もお疲れさまです。

明日もがんばりましょう。

posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

トム・クルーズ

最近「虫コナーズ」が大好きでちょこっと買ったりしているのですが

なぜか置き初めてからベッドの上で小さい虫たちが死んでたり

それに吸い寄せられるように「蝉」がベッタァーッ!と網戸にきたりするので

ふいに母が

「それ虫コナーズじゃなくて虫クルーズちゃうん」

と言ってきました。

しょうも無さすぎて思わず噴き出してしまいました。


母にオヤジギャグを言わせてしまう程虫コナーズは色んな意味で強力な作用があるようです。


虫コナーズ.jpg
posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

ナルホド・ヒョウゴケンっていう名前の人いそう。


兵庫県のランキングを見て思わず↓


魅力
第8位
偏差値 54.29


男子小中学生肥満率
第43位
偏差値 38.81


うん、なるほど、と何となく納得してしまいました。


魅力 第8位
男子小中学生肥満率 第43位


なるほど〜〜。

posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

だから私はあなたを想っている


チャットモンチーのドラムの人が抜けるときいて「あの唄の歌詞書いた人抜けるんや」と思いました。

チャットモンチーの歌で、トラウマな唄があって

「染まるよ」という曲ですが、

「いつだって そばにいたかった 分かりたかった 満たしたかった
いつだって あなただけっだった 嫌わないでよ 忘れないでよ」♪

と、そんな状態の時に聞いててとてもトラウマな歌です。(ワタシ重い?)


後で調べたら、この歌詞はギター?の人が書いたようでしたエヘ。


チャットモンチーって、モンチー♪とか言いながらも歌詞が

「女子特有の暗い部分」が凄い出てて、楽しい歌でも「チクリ」とさす感じ。


「恋愛スピリッツ」とか知ってますか。

「あの人がそばにきたら あなたのそばにもし来たら 私を捨ててあの人つかまえるの」

とかどんだけ〜♪って感じです。


「嫌わないでよ」とか「捨てないでよ」とか直球でちょっとエゲツナイ感じが

リアルで胸に来るのでしょうか。

「男を追う女の痛さ」みたいな感じが出ているのか(笑)


楽しい無邪気な女子を思わせといて、心の中とんでもないやん、何もかも分ってるやん、

ていう感じが、恐怖な意味で「ドキッ」て思わすのもあります。


また、演奏と歌詞がぴったり合ってんねん。どっちもの要素がトラウマを作りまんねん。


でもこの唄はYUIさんが唄ったら綺麗な感じがするよなぁ。

ていう事はチャットモンチーは何か存在が「汚れ」なのか。。?(失礼か)


しかし、自分の中でチャットモンチーの歌がどの曲も「トラウマ」な感じがすると

改めて思ったりしました。ちょっと怖いぜチャットモンチー。


posted by tsubota-san at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

でもお腹緩くならないよ〜

持ち歩いてます。食べまくってます。
走ると「じゃらんじゃらん」と踊り狂うガム達の音がして少し目立ちますねん。

20071129153027.jpg

中身の詰め替えないのかな?と思ったけど、色々な理由でないらしいです。


4901810546992_l.jpg

↑トップバリュに袋詰の量多いやつが売ってるらしく、今度それを買ってみようと思いマツ。

これやったら「じゃらんじゃらんっ」てならんしな〜。
でもあんま美味しくなさそうー笑


XYLITOLxL_CM_final.jpg

↑なんか懐かしい松ケン。こんなキャンペーン知らんな〜笑



posted by tsubota-san at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の飲んだ食べた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

人間には2種類の人がいる事がわかったんだ(ガリレオの福山風に)


知り合いとお話しておりましたら、こんな事を。

「最近人には2種類の人がいる事がわかってん
 自分が楽しんでする人と、楽しんでる人に合わせるのが楽しい人と」
ということをおっしゃっていまして、私も発見でした。

その人は「今まで、私は自分が楽しい!事しかした事なくて、気がついたら
周りはその反対の「合わせるのが楽しい人」だったという事に最近気づいた」

との事で、

自分が楽しい!人って、本当に合わせる人に気づいていないんや!
という事を私も発見したわけです。

私はどちらかというと合わせる派なので、(又はラクしい?脳なし?)
合わせる人は、楽しそうな人の存在が居て初めて自分の居場所が生まれるので
勿論2種類居るなんて知ってますよねぇ。

人って同じ事してても、ほんっとに違う事感じてるんですね。


posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

Saya tinggal di Bonn,Indonesia


ある日の事です。

bonn.jpg

普通に電車で座っていた私の横に芸人カナリヤのボン溝黒の女バージョンが座りました。
そして座った瞬間、おもむろに本を広げ何か読みはじめました。
そして読み始めて5分後でした。


「・・・横から信じられない位の圧力がきている」

私は察知しました。

横を見なくとも、ボン溝黒の顔が私の肩ならず顔にめりこんでいるのが確認できました。



「、、ボン!お前、お前、、その寝方、本気すぎ!」



思わず声に出してつっこもうかなと思うくらい、ボンは体中の体重全てを私に預け寝ていました。
座って本読み初めて5分の出来事です。

「ボン、一体昨日何時に寝たのだ。そしてどうして本なんか読もうと思ったんだ。
 てか読む気なかっただろう!!」

しかしボンはおかまいなく、全体重を預けてきます。そして、その被害者は片側のおばあちゃんも同様です。

右いって、左いって、ぐるんぐるん体を回してボンは人形のように、引力に弄ばれていました。
荷物を落とし、傘を落とし、一瞬起きても再度ぐるんぐるんと騒々しく、ボン、起きません。


images (1).jpg


私は余りのぐるんの凄まじさに思わず噴き出してしまったので、
ボンが見えないように手で遮る事にしましたが、存在感がハンパない為、無駄でした。


ふと、ぐるんぐるんボンが朦朧でも読もうとした本が気になりボンを横目に確認してみると

「初心者の優しいインドネシア語」

と書いていました。またインドネシアて。
やはりボン、一筋縄ではいきません。
しかも中間ページを開いていたので、少し進んでいるようです。

images.jpg


「オチはやっぱり、駅着いたら、すっと起きて出ていくなんかな」
と笑いで朦朧とした私が予想した通り、
ほぼ意識なしであった筈のボンは駅に着くなり本当にさっ!と起きて出ていきました。
なんでそこは出来るねん!インドネシア語で「すいませんでした」って、席半分圧力で取られた私に謝ってから出て行って!


と思わず心で叫んだ日でした。


いや〜しかしボン、本当に凄かった。



posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

らららら〜ららぶそ〜んぐ♪


いいですね〜〜(飢)




ボーカルが以外とおじさんでしたが・・。


posted by tsubota-san at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

旧JR福知山線廃線ハイキング

ハイキングに行ってきましたー。陽射しやや強めの中、線路跡、つらつら歩いてきましたよ!

「旧JR福知山線廃線」跡地をただひたすら歩くコースです。

IMG_7262.JPG

JR線「生瀬駅」を降りてからハイキングスタートです。
跡地まで少し距離があるのでつらつら汗ばみながら歩きます。

IMG_7265.JPG


少し迷ってやっと辿り着きましたが、いきなり右手に見える大きな山の緑と涼しげな川の流れが絶景なんですねー!
これ見るだけで癒されましたよ〜。

IMG_7273.JPG

しか〜し、ただ跡地を歩くなんて事しません。ここの跡地はメインが実はトンネルなんです。

4・5個トンネルがあるのですが、このトンネルがまぁ真っ暗なのです。当たり前?
2つめのトンネルが最長なのですが、途中は前を見ても後ろを見ても真っ暗になります。

IMG_7274.JPG

てなわけで、このハイキングは懐中電灯が必須でして、ちらほら見る他の方達もヘッドライト付けてやる気マンマン。

意外だったのんですが、家族連れが多くて、しかも2・3歳位の子供を連れていたのに驚きました。
あんな暗闇に連れられて怖くないのか!と思いましたが、皆結構普通に歩いていました。

女子二人で行ったんですが、1個目から心細かったので後ろにいる家族連れ達とつかずはなれずで歩いていました笑

IMG_7277.JPG

昼間やいうてもあのひっそりとした暗闇、入るのは何だか胸騒ぎがしますねんな。

しかし、2個目も家族達と歩いていると、余裕が出てきたのか写真を撮り始めた我ら、
家族連れのお父さんが「記念撮影しましょうか?」とまで言ってくれる始末。いやー綺麗な笑顔を撮って頂きました。

IMG_7281.JPG

で、しばらく歩いてトンネルの出口の微かな光が見えた時、本能的な「わー助かった」的な
ほっとした安堵感を感じたりしました。(修行?)
見えてくる外の光の美しさに心もやたら躍るわけで、いやーこういう感覚良いと思います。

IMG_7286.JPG

途中で、中学生の団体とすれ違いましたが、「こんにちはー」とあいさつし合う数半端なく。

IMG_7290.JPG

こんなにこんにちは言うたん久々です。アウトドアってなんて健康的なんでしょう。

2.JPG

(ちょっと映画の撮影かなっていう位向かってくる姿に勢いありました)



で、私たちは最後に究極の癒し場所を見つけたんです!

最後のトンネルの直前のこの広場ですよ!

1.JPG

陽射しは見えるが日陰・川の音・鳥の声聞こえる・でも静か・時間が止まってる感じ

IMG_7297.JPG

で、とても居心地が良かったです。

癒しスポットまで見つけてしまうなんてこりゃ、また来るしかねーなぁ?てな感じの
とっても癒しに満ちた1日を過ごして参りましたー。


いやしかし自然の中を歩くと、なんとなく心がおおらかになって一緒にハイキングしてる人達も
仲間のような感覚になりますねー。とても健康的ですよね。

IMG_7293.JPG

暗闇もあるから付き合い立てのカップルもここで急速に距離を縮められちゃうよ♪
でも、彼がそこでビビりを発揮したら最悪な結末もあり得るというデンジャラスさもありますよ!
ああ自然ってすごいね!

皆さんもハイキングして人と自然と戯れにまいりましょう♪


posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする