2011年10月07日

every cloud has a silver lining

もう10月ですね。

スティーブジョブズさんの訃報知りました。すい臓がんだったのですよね。

すい臓がんは増えているらしいです。

沈黙の臓器といわれるくらいに、発見された時は進行していた、というのが多いそうです。

発見された時は、どうして気付かなかったんだ、となるけど

早期発見はなかなか難しいのかもしれません。

自分は大丈夫、は絶対にないですよね。だからやっぱり予防や検査が大切なんですよね。


ソフィアのキーボードの人が、末期がんから生還したとニュースでやってました。

ボーカルの松岡さんが、彼に生きる力を持ってもらいたいと思って治療で闘っている彼に、「曲をかいてほしい」と頼んだそうです。

彼はそれに答えるために、「こんなところでくたばっている場合じゃない」って曲を作ることに専念し、癌が治療とともに消えてなくなったそうで、見事病気に打ち勝ったそうです。

気持ちって体への影響が多大にあるなあと思います。

癌は若年性が増えているそうで、ソフィアのボーカルの方は39歳でした。若い。

彼らも、癌の定期検診を訴えていました。

癌は日本で3人に1人はかかる病気だそうです。

普段何気なく過ごしていると、自分の体の事なんで考えないけど

自分の体は、自分の好き勝手な生活に文句も言わずに付き合ってくれているのだから

大切にしないとかわいそうだなって思いました。


何かしんどい事があると、どうして自分だけ?って思いがちだけど

あらゆる事で、毎日皆がそれぞれ闘っているんだなっていまさら思います。

それぞれ闘っているんだ、だから自分も頑張ろう、って思える事は幸せな事かなと思います。

みなさま今日もお疲れさまです。

明日もがんばりましょう。

posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

トム・クルーズ

最近「虫コナーズ」が大好きでちょこっと買ったりしているのですが

なぜか置き初めてからベッドの上で小さい虫たちが死んでたり

それに吸い寄せられるように「蝉」がベッタァーッ!と網戸にきたりするので

ふいに母が

「それ虫コナーズじゃなくて虫クルーズちゃうん」

と言ってきました。

しょうも無さすぎて思わず噴き出してしまいました。


母にオヤジギャグを言わせてしまう程虫コナーズは色んな意味で強力な作用があるようです。


虫コナーズ.jpg
posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

ナルホド・ヒョウゴケンっていう名前の人いそう。


兵庫県のランキングを見て思わず↓


魅力
第8位
偏差値 54.29


男子小中学生肥満率
第43位
偏差値 38.81


うん、なるほど、と何となく納得してしまいました。


魅力 第8位
男子小中学生肥満率 第43位


なるほど〜〜。

posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

だから私はあなたを想っている


チャットモンチーのドラムの人が抜けるときいて「あの唄の歌詞書いた人抜けるんや」と思いました。

チャットモンチーの歌で、トラウマな唄があって

「染まるよ」という曲ですが、

「いつだって そばにいたかった 分かりたかった 満たしたかった
いつだって あなただけっだった 嫌わないでよ 忘れないでよ」♪

と、そんな状態の時に聞いててとてもトラウマな歌です。(ワタシ重い?)


後で調べたら、この歌詞はギター?の人が書いたようでしたエヘ。


チャットモンチーって、モンチー♪とか言いながらも歌詞が

「女子特有の暗い部分」が凄い出てて、楽しい歌でも「チクリ」とさす感じ。


「恋愛スピリッツ」とか知ってますか。

「あの人がそばにきたら あなたのそばにもし来たら 私を捨ててあの人つかまえるの」

とかどんだけ〜♪って感じです。


「嫌わないでよ」とか「捨てないでよ」とか直球でちょっとエゲツナイ感じが

リアルで胸に来るのでしょうか。

「男を追う女の痛さ」みたいな感じが出ているのか(笑)


楽しい無邪気な女子を思わせといて、心の中とんでもないやん、何もかも分ってるやん、

ていう感じが、恐怖な意味で「ドキッ」て思わすのもあります。


また、演奏と歌詞がぴったり合ってんねん。どっちもの要素がトラウマを作りまんねん。


でもこの唄はYUIさんが唄ったら綺麗な感じがするよなぁ。

ていう事はチャットモンチーは何か存在が「汚れ」なのか。。?(失礼か)


しかし、自分の中でチャットモンチーの歌がどの曲も「トラウマ」な感じがすると

改めて思ったりしました。ちょっと怖いぜチャットモンチー。


posted by tsubota-san at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

人間には2種類の人がいる事がわかったんだ(ガリレオの福山風に)


知り合いとお話しておりましたら、こんな事を。

「最近人には2種類の人がいる事がわかってん
 自分が楽しんでする人と、楽しんでる人に合わせるのが楽しい人と」
ということをおっしゃっていまして、私も発見でした。

その人は「今まで、私は自分が楽しい!事しかした事なくて、気がついたら
周りはその反対の「合わせるのが楽しい人」だったという事に最近気づいた」

との事で、

自分が楽しい!人って、本当に合わせる人に気づいていないんや!
という事を私も発見したわけです。

私はどちらかというと合わせる派なので、(又はラクしい?脳なし?)
合わせる人は、楽しそうな人の存在が居て初めて自分の居場所が生まれるので
勿論2種類居るなんて知ってますよねぇ。

人って同じ事してても、ほんっとに違う事感じてるんですね。


posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

Saya tinggal di Bonn,Indonesia


ある日の事です。

bonn.jpg

普通に電車で座っていた私の横に芸人カナリヤのボン溝黒の女バージョンが座りました。
そして座った瞬間、おもむろに本を広げ何か読みはじめました。
そして読み始めて5分後でした。


「・・・横から信じられない位の圧力がきている」

私は察知しました。

横を見なくとも、ボン溝黒の顔が私の肩ならず顔にめりこんでいるのが確認できました。



「、、ボン!お前、お前、、その寝方、本気すぎ!」



思わず声に出してつっこもうかなと思うくらい、ボンは体中の体重全てを私に預け寝ていました。
座って本読み初めて5分の出来事です。

「ボン、一体昨日何時に寝たのだ。そしてどうして本なんか読もうと思ったんだ。
 てか読む気なかっただろう!!」

しかしボンはおかまいなく、全体重を預けてきます。そして、その被害者は片側のおばあちゃんも同様です。

右いって、左いって、ぐるんぐるん体を回してボンは人形のように、引力に弄ばれていました。
荷物を落とし、傘を落とし、一瞬起きても再度ぐるんぐるんと騒々しく、ボン、起きません。


images (1).jpg


私は余りのぐるんの凄まじさに思わず噴き出してしまったので、
ボンが見えないように手で遮る事にしましたが、存在感がハンパない為、無駄でした。


ふと、ぐるんぐるんボンが朦朧でも読もうとした本が気になりボンを横目に確認してみると

「初心者の優しいインドネシア語」

と書いていました。またインドネシアて。
やはりボン、一筋縄ではいきません。
しかも中間ページを開いていたので、少し進んでいるようです。

images.jpg


「オチはやっぱり、駅着いたら、すっと起きて出ていくなんかな」
と笑いで朦朧とした私が予想した通り、
ほぼ意識なしであった筈のボンは駅に着くなり本当にさっ!と起きて出ていきました。
なんでそこは出来るねん!インドネシア語で「すいませんでした」って、席半分圧力で取られた私に謝ってから出て行って!


と思わず心で叫んだ日でした。


いや〜しかしボン、本当に凄かった。



posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

旧JR福知山線廃線ハイキング

ハイキングに行ってきましたー。陽射しやや強めの中、線路跡、つらつら歩いてきましたよ!

「旧JR福知山線廃線」跡地をただひたすら歩くコースです。

IMG_7262.JPG

JR線「生瀬駅」を降りてからハイキングスタートです。
跡地まで少し距離があるのでつらつら汗ばみながら歩きます。

IMG_7265.JPG


少し迷ってやっと辿り着きましたが、いきなり右手に見える大きな山の緑と涼しげな川の流れが絶景なんですねー!
これ見るだけで癒されましたよ〜。

IMG_7273.JPG

しか〜し、ただ跡地を歩くなんて事しません。ここの跡地はメインが実はトンネルなんです。

4・5個トンネルがあるのですが、このトンネルがまぁ真っ暗なのです。当たり前?
2つめのトンネルが最長なのですが、途中は前を見ても後ろを見ても真っ暗になります。

IMG_7274.JPG

てなわけで、このハイキングは懐中電灯が必須でして、ちらほら見る他の方達もヘッドライト付けてやる気マンマン。

意外だったのんですが、家族連れが多くて、しかも2・3歳位の子供を連れていたのに驚きました。
あんな暗闇に連れられて怖くないのか!と思いましたが、皆結構普通に歩いていました。

女子二人で行ったんですが、1個目から心細かったので後ろにいる家族連れ達とつかずはなれずで歩いていました笑

IMG_7277.JPG

昼間やいうてもあのひっそりとした暗闇、入るのは何だか胸騒ぎがしますねんな。

しかし、2個目も家族達と歩いていると、余裕が出てきたのか写真を撮り始めた我ら、
家族連れのお父さんが「記念撮影しましょうか?」とまで言ってくれる始末。いやー綺麗な笑顔を撮って頂きました。

IMG_7281.JPG

で、しばらく歩いてトンネルの出口の微かな光が見えた時、本能的な「わー助かった」的な
ほっとした安堵感を感じたりしました。(修行?)
見えてくる外の光の美しさに心もやたら躍るわけで、いやーこういう感覚良いと思います。

IMG_7286.JPG

途中で、中学生の団体とすれ違いましたが、「こんにちはー」とあいさつし合う数半端なく。

IMG_7290.JPG

こんなにこんにちは言うたん久々です。アウトドアってなんて健康的なんでしょう。

2.JPG

(ちょっと映画の撮影かなっていう位向かってくる姿に勢いありました)



で、私たちは最後に究極の癒し場所を見つけたんです!

最後のトンネルの直前のこの広場ですよ!

1.JPG

陽射しは見えるが日陰・川の音・鳥の声聞こえる・でも静か・時間が止まってる感じ

IMG_7297.JPG

で、とても居心地が良かったです。

癒しスポットまで見つけてしまうなんてこりゃ、また来るしかねーなぁ?てな感じの
とっても癒しに満ちた1日を過ごして参りましたー。


いやしかし自然の中を歩くと、なんとなく心がおおらかになって一緒にハイキングしてる人達も
仲間のような感覚になりますねー。とても健康的ですよね。

IMG_7293.JPG

暗闇もあるから付き合い立てのカップルもここで急速に距離を縮められちゃうよ♪
でも、彼がそこでビビりを発揮したら最悪な結末もあり得るというデンジャラスさもありますよ!
ああ自然ってすごいね!

皆さんもハイキングして人と自然と戯れにまいりましょう♪


posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

早いなー

色んなにゅうすが流れていますが、
全部「情報操作なの?馬鹿にしてるの?」って思いつくようになりました近頃皆さまいかがお過ごしですか?

暖かくなりましたねー。GWですね。
地震から1か月以上経つんですねなんか早いな。


三ノ宮は、それなりに人が集まっているようです。
ネズミ山に人がたくさん集ってるのをみると
「夏も近づいてきてるな」としみじみ思います。


um_038.jpg


自分の中ではもはや風物詩のような感じで
ネズミ山の若者たちの人だかりを見るのは
夏の海を見るのと同じ感じで、毎年やって来る懐かしい風景です。

と、ローカルネタで誰やねんな感じですが、
皆さん残りのGW悔いなくお過しあそばせ。シーユー。

posted by tsubota-san at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

いやし

手嶌葵さんってしってますか〜?

ゲド戦記の主題歌うたってる人です。

凄く癒し系の歌だぜよ〜〜。

この動画みて、みな様も癒されてください。

この人の歌をかけながら、部屋の電気でも消して
夜月などを眺めたら、すごく幸せになりそうですね。




この歌好きです。
これはゲドじゃないです。


posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

みなさんも是非


貰った風船がしぼみかけていたので処分しようと思い
ふと「吸ってみようか」と思って吸ってみたら
見事!声が変わりました。当たり前か。

嬉しくてお母さんに伝えに行ったら
ちょっとノッて残りの風船を探しにきました。
こういう事にノル心はいつまでも顕在なのでしょうね。


posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

基準


傍目から見ればとんでもない人でも
きっとその人にしか感じられない生きる喜びがあるのです。

傍目は残酷です。
自分を基準として考えるので
自分を0にして+・ーとみたりします。

その基準は存在するものでしょうか。
その基準は、何かの役に立つのでしょうか。


三ノ宮で会う、お弁当のタッパを首にくくりつけて
毎日徘徊している浮浪者の有名なおっさんがいます。

私は「ひき」が強いようで、結構頻繁に会います。
100均で会った時には、度肝を抜かれました。

その時初めて顔をみました。
意外と普通の目をしたおじさんでした。


ただの浮浪者のおっさんだけど
きっとその人は自分と同じように日本語を喋るだろう。
食べ物に好き嫌いがあるかもしれない。
好きな唄があるかもしれない。
やっぱり晴れの日は好きなのかもしれない。
思い出に浸る事もあるかもしれない。
お母さんを思う日があるかもしれない。
意外と可愛い子を物色しているのかもしれない。

とそこまで深くは考えませんが
あらゆる人にバックグラウンドみたいなものは必ずあるから
その人にだって、そういうものがあって
感じる心ははあるんだよなって思うのです。

思うだけですが。。


だけど、あのおっさんを不幸とか哀しいなんて
思ってるのは、傍目の私たちのみであって
あのおっさんは、今とっても幸せなのかもしれません。


果たしてシアハセフシアハセなんていう言葉は
一体何を基準として言ってるんでしょうか?

この世はよく分からないことばかりです。




posted by tsubota-san at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

でもそんなに成績は良くないねんよね


あ、何かを失った、と、気付いた時には遅くて
その虚しさがじわじわやってきて
失う前の自分をずいぶん遠くの人のように感じるみたいな

そんな気持ちになった中学時代があったなあ。

「何で考えたんやろ」とかって思ったな。


何も考えずに色を塗って褒められた自分が
いつの間にか「考える」って事をしだして
色を塗るのにも「これがここにあるとここがなぁ・・」
ってどう色を塗っていいか分からなくなった。

後で褒められた色を見ても自分が塗ったとは思えなくなった。

褒められた色合いももう作れないし
きっとあの時みたいに本当に何も考えず
「色を塗る」って事だけをただ無心でするって
二度とできないんだろうな。なんでかな。


オセンチメンタル美術の話でした。



posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

色気を感じた人


ミッツマングローブってきれいですよね。

女よりも歴然と「女ですけど?」みたいな貫禄。
というか色気があるんだにゃー。あんなに男顔なのに。
だから人ってやっぱ顔だけじゃないのかって思ったり。

藤山直美さんも、「色気あるこの人。きれい。」と
ハッ!と気付かされた人です。
結構おばちゃんぽい感じやねんけど、色気あったねんなー。

西原りえこさんが、いろんな人が「色気がある」って
やたら言うてる気がするから一度生で見てみたい気がする。
テレビ見るだけでも分かる気はするけど。


しかし色気って何なんやろう・・・。

幸田くみは私的に違う気がする。


しかし自分皆無!!

言ってる場合じゃないよなー。。


posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

ふしぎはっけん

不思議だなーって思うこと。


ノートに文字なんかを書いている時に

「このノートに書いた文字はいつから書く事が
決まっていたんだろう。このノートはいつから
文字を書かれる事がきまっていたんだろう。



って書かれたノートは、書かれる前からその場所に



の場所を持っていたんだろか。

どっちが先?書くこと?書かれること?

自分が生まれるのはいつ決まったんだろ?
私が生まれる前から決まっていたのか?
生まれる前って事はお母さんが生まれる前にもなるし
そしたら宇宙が存在した時から決まっていたことになる?
じゃあ宇宙が生まれたのはいつなんだ
宇宙が生まれるのが決まったのはいつなんだ、

私が生まれるのはいつから決まっていたことなんだ、


と、こういうの考えるの楽しいです。
なんてたって現実逃避にはぴったりです笑


そんなに本も読まんけど、
村上春樹の本が好きなのは、そういうの不思議みたいなんが
あるからかも。
SFチックというか
現実と夢・非現実が混じった感じがいいねんー。

私は現実っていうのはそういう感じがとてもする。

村上さんの小説で「ねじまき鳥クロニクル」で
主人公が「井戸」の中にずーっと籠もるねん。

真っ暗。目を開けているのに目を閉じた状態。
ここで、「自分の体が存在するか分からなくなる」感覚になる。
私らだって部屋暗くして寝る時なんかは、
手を見ようとしても見えないし動かしてる感覚もあやふやになる。

じゃあこの時に確かに存在するものって何なの?っていう感じ。
この感じが不思議でたまに怖いけどこの感覚は誰もが経験できる。から

この現実っていうのは結構そんな何なの?が実際に存在してる
不思議なところだと思うのだよ。


もういっこSFみたいなんで、映画の「マルホランドドライブ」
がとーーーーっても面白かったねん。

この映画は本当に「現実と非現実の間をさまよってる」のを
映画みて体験できると思う。

役者は一緒で同じような住居環境・同じ時代のような設定なのに、
全編と後編で登場人物たちは、関係や性格が違っていて

「ん?前編と同じ顔やし同じ町っぽいのにこの人達違う人?
 この家は全編で出てきた家?違うの?あれ?
 さっきとこっちとどっちが本当?どうなってるの?」

みたいな。

ふ・すぃ・ぎぃ〜。

なんかただ何かオタッキーな変な話になってる?
不思議大好き★





posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

雪かきで最近事故が多いって報道してましたよね。

東北の人達はほんと大変そうですね。。


父が「雪かきせんでいいような何か発明をしろ」
とニュースを見ては酔っ払って言ってきます。

アンタもしろ。


そこで考えました。

「屋根が発熱すればいいのではないか」
「屋根から水が流れるような仕組みを・・・」


東北の方に怒られそうですね。


地域によっては冬の間だけ「雪かき隊」なる方達が
おとりよりの家に行って雪かきを無料でしてくれる
サービスがあるとのこと。

これは良くできてて、雪かき隊の人たちもその地域に
住んでる人で、冬の間は仕事が無くなる為、それを
仕事にして生活できるし(町からお金が出る)

お年寄りは無料サービスに感謝し、その隊員達に
お茶やごはんを出し、隊員達もご馳走になれる。

お年寄りはそれにより寂しさも紛れる。

すごいよか仕組みよ。

なんでも機械化して便利にするよりも
こういう方が良いよなー、とつくづく思った。


でも、そんなとこばっかりじゃないもんなあ。

やはり、屋根が発熱するのが良いと思います。
皆さんも考えてみましょ。
(考えるだけが問題か・・・)


posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

手相占い in 三宮

ざぁ〜〜!間違えた、さぁ〜〜!

やってまいりましたお団子の会。
今回は何と言っても占いに行こうツアー決行なのでなんだかドキドキ。

三宮にありますのは「青の雫」というお店に行ってまいりましたね!

しずちゃんは前に占って貰ったばかりなのでたか子ちゃん(もしくはモリー)
と二人で手相占いのおばちゃんのもとへ!

ドキドキしながら店に入り(小さい部屋)
早速私が先に「結婚」について占ってもらう事に・・・。

両手を出して、おばちゃんが虫眼鏡でサッと見ると

「いや〜あなたは駄目ねー運を引き寄せる力がないから
自分からいっぱい行かないと!お見合いパーティに行きまくりなさい!
今まで本気で好きになった人はひとりだわ。(現30歳ワオ)」

とかいきなり悲惨な事を言われてしまいました。
性格についても「超面倒臭がり」と一発。そうなのよね結構当たってるわね。

とにかく私は「お見合いパーティ」の連呼で終わり、
30分の目覚ましがなり、たか子ちゃんにバトンタッチ。

このたか子ちゃんがまた最高。
一人が占っている間、ほかの二人も一応話が聞ける距離にいるのですが、

ずっと
「あなたは食欲が安定してるから」
「貪欲な食欲」「食事」「食欲に関しては」
とずっと食欲の話ばかりされていました。

「食欲が安定してる」って。初めて聞いた日本語。こんな場所で?

私としずちゃんはスレンダーたか子ちゃんがそんなに
食欲のある人だとは露知らずにいたので、驚きでした。
でも、確かに美味しい物を食べるためにあちこち一人でも
旅行に行ってるし、確かに、とも思い。グルメやんな、と。

他にもたかこちゃんは言われる事に思い当たりがあるという事で、
(私達はとにかく「食欲」しか覚えていない)
トータルして、二人とも当たっている気がしました。

また、具体的に「何年までにこうしたらいい」とかはっきり言われます
ので、それが動きやすいのやら怖いやら。

しかし私が思わず「当たってるかも!」と言ったらおばちゃんは
「かもじゃなくて当たってるの!」と怖い顔で怒ってきたのも印象的でした。

私が思っていたのとは違う手相の見方だなーと思って、
頭脳線・健康線・運命線・生命線のみで見ている感じ。
特に運命線、これを重要視しているような感じでした。
ジロジロ見ずに一瞬だけ見て占ってたのも印象的。

一度皆様おためしあ〜れ。


その後、食欲が安定しているたか子ちゃんがすごいスピードで予約
してくれた焼きトン屋さんに。(既に食欲度発揮)

占いについてあれこれと談義。でタイプについて話してたら
チャンカワイ・ガリクソン・宇治原と芸人ばかりの話になり。
いやしかし私とたか子ちゃんはとりあえず一杯の
人と出会おうぜ!という決意をかみしめました。

たか子ちゃん「結婚してる友達の紹介がよい」って言われてたから
しずちゃん旦那様どうぞよろしくお願いします!(ついでに私も・・涙)

いや〜充実した1日だったねー。あまのりとも連絡取れそうだし!
しずちゃんの私たちへの愛を感じたし(涙)
ラー油鍋もおいしかったし!


たか子ちゃんハラダのラスクありがとう!
何もなくてごめんね!しかもお金借りてごめんね(ワタシハ30歳)


というわけで次回どこ行くかまた考えようぜー!



posted by tsubota-san at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

ダイエー♪

右下に載せてる兵庫県のランキングで
「ダイエー店舗数1位」って書いてた。
すげー。でも関西がメインですもんね。

家の近くに中内さん(ダイエー創設者)が建設した
流通科学大学があるしその大学内にはローソンがあって
そこの売り上げも上位らしい。だって毎日大量の
学生がなんら買いに来るもんなあー。

大学内にダイエーあったらどうなるんやろ?
2階とかに売ってる洋服とかはあんまり売れへん
ねんやろなー。あのローカルで侘しい雰囲気、
どこの街のどこの店にもあるよなー。


ダイエーのフードコーナーとかもおじいおばあから
高校生から母子やら職業不明な親父やらが
ご飯を食べたり、クレープ食べたりしてて
そんなに美味しくなさそうに、けだるそうに、
暇つぶしに、そんな雰囲気を醸し出して集まってますよね。

あの空気、あのだるくて緩い空気。
好きじゃないような好きなような。

ろーかるな(?)関西系の(?)映画のワンシーンで
見たことあるようなあの何ともいえん日常なかんじ。



この感じで思い出すのがナイナイ主演の「岸和田少年愚連隊」

ヤベっちが住んでる家の家族達(さんまさんの師匠出てる笑)
あれは大阪人やったけど、家族が夕食後、喋ることなく
テレビを口開けたままずっと見てて、やべっちの問いかけにも
テレビを見たまま「うん、・・あぁ?・・・ああ、ああ」
と明らかに聞いてない返事をしたりするんです。

あのダルさ。家族間にながれるだるさ。

嫌いなような好きなような。

すごい脱線した。


最近、ダイエーみたいな大型店だけど
清潔感を大事にしてるような、蛍光灯がやたら青白いとか
やたら広々してるとかやたら「白い」とか
そんな店あると思うんですけど(ない?)

ああいう所が醸し出すのは、人間味が無さすぎて
逆に今思い出してもなんだか「不気味」を感じるきがする。

それよりかはダイエーの日常の方がいいんかな。


何の話やねん。あははは。

みんな雪積もったら雪だるま作ろうね!





posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

同い年の芸能人


秦 基博が同い年でなんだかびっくりした昨今です。

他にも

竹内結子

ピースの又吉

チェ=ホンマン

朝青龍

嵐・大野くん

松坂 大輔

マコーレーカルキン


が皆30歳です。竹内結子もっと上やと思ってた。

何か同い年の芸能人が中堅の位置に居ることが

複雑な気持ちです。


朝青龍と大野君は同い年じゃないやろ。



posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

かなりいや

KARAの「mrミスター」という唄やけど
韓国版と日本版と歌い方ちょっと違うんです。
韓国版はカッコイイ系・日本版は可愛い系(ブリッコ?)で歌っています。
分かりにくいけど。。結構違うよ!


やっぱ日本は、世界に誇れるアニメもあるし
メイドカフェもあるし
AKBなら世界でもいけるやろとかって言って
進出をもくろんでるとかいうし
幼くてロリータっていうのが売りなんやろなー。

なんでなんやろ?


韓国アイドル見てると、踊りも歌も結構本格的な気がして
あの人たちが歌った後にAKBとか出ると
「素人が歌って踊ってる」とか思ってしまう。
そういうのが良いんだよ日本は!
とかもし言われても「なんかそれ嫌〜」てなる。


世界に進出して成功とかぜったい辞めてほしい〜〜。
日本代表としてとか辞めてほしーなー。
秋元やすしが日本代表なんていやーーー。



posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

テレビについて

うちのおとーさまの口癖は

「テレビはろくなもん放送してない」

で、チャンネルをさんざん回したあと必ず落ち着くのは
どっちみちお金を払うNHKになるわけですが、

NHKにも「金取って為になる番組せんでこいつら何や」

と相当ご立腹のようで、「もっと考えなあかん」ばかり
言っています。(見るなよ、って?)

父の「面白い番組」が一体どんなものなのか分かりませんが
確かによく考えるとテレビ番組ってそんなに面白くて心に残って、
みたいなの無いですよね。

いろいろ考えると「必要ないのでは」とかまで考えたりして。

父の意見が当たっているのかなと思ったりして
自分の目線みたいなモノで物事を見てると本質が見えるというのか・・?


桑田佳祐さんは昔雑誌で
「テレビは本当は必要ないものかもしれない。でも
 僕らはこれからもテレビを見て生活していくに違い無い」

みたいなあんまり覚えてないけど、そんな事を言ってて
その時「確かに」と思った。
究極必要ないもの、でも今当たり前のように生活に根付いてるものを
省くことはきっと難しいのだろうみたいな事かな。

合理的だなーとか思った。スマートというのか?



生活でこれは必要なのか?の問いを投げることは大事だと思う。
自分で気づいて自分なりの受け入れ方をするってことが大切なのですね、
ってこれは全てにおいて言えることですかねーむずかしいけど。。


おとーさんの文句は問いであり、
テレビを必要である、と思ってる(思い込んでる?)自分達にも
問いを投げかけているのかもしれないなぁと思いました。

だから「うっるさいなぁぁぁぁぁ・・・じゃあ見んなや」
と思うだけに留まるのはやめとこうかなと思います。


試してガッテンは好きみたいです。




posted by tsubota-san at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする