2017年05月17日

しあわせのパン


映画の「しあわせのパン」を観た。
穏やかな夫婦が北海道の田舎でパンと珈琲を出す宿に、訳ありのお客様たちが来る的な話です。
訳ありのお客様に、夫婦が心を込めた美味しそうであったかいパンと珈琲を出すシーン、いいです。

ずっと女の子の声でナレーションがあるのですが、
最後のシーンの一言で、え、そうだったの、と思わずうるっときたと思ったら、すぐ流れるエンディングの矢野顕子さんの「ひとつだけ」で、じんわりほっこりして涙がはらはらはらはら〜と流れました。

外で誕生日会で沢山ごロウソク焚いて、ご馳走食べてクグロフを分け合うシーン良いです。カボチャスープも美味しそうやった〜。
このロウソク焚きまくる場面といえば、関係ないけど「アメリ」思い出します。あの部家のように部屋中にロウソク焚きたい願望が蘇ります。
しかし火事が怖いのと、お金かかりそうでできません。

他にも最近のお気に入りの食べるシーンは、
「海街ダイアリー」で、冒頭女姉妹三人が和食の朝ごはん食べるシーン、広瀬すずちゃんとかほがカレー食べるシーン、しらすトースト出るシーンです。

あと「ランチの女王」に出て来る洋食、「ショコラ」に出て来る美しいチョコレートとかー。ラピュタに出て来る卵乗ったパンとか〜村上春樹の本に出て来るごはんもほんまに美味しそうなんよな〜。

情熱大陸に出てた、稲垣えみ子さんが作ってたご飯もめちゃ美味しそうやったなー笑

食べ物絡む映画とかドラマ、好きやわ〜。

posted by tsubota-san at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなん見た読んだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック